立花楓のキス講座

皆さん、キスは好きですか?

まぁ、美人な女とキスがしたくないなんて男性はまずいないでしょうね。

そんな僕ももちろんキスは好きです(美人な女限定)。

合コンや友達の紹介、ナンパで知り合った女性などなど、とにかくキスをしないことにはHへと進めません。

・意中の女性をどのような流れでキスへ持っていけばいいのか?

・ワンナイトラブを楽しみたい女とキスをするためには、どうすればいいのか?

このような疑問を抱えている男性のために、今日は僕の必殺キステクニックを伝授したいと思います。

上手なキス

女に心の準備をさせることが大切

これまで1000人以上の女性と唇を交わしてきた僕ですが、さすがに知り合ったばかりの女の子にいきなりキスをしたら、まぁ、ビンタされて終わりでしょうね。

何の予告もなくいきなりキスをしたら、誰だって失敗します。

だからこそ、「これからキスをするよ」という予告をした上で、女の子に心の準備をさせてあげることが大切なんですね。

まずは、エレベーターの中や非常階段、人気のない公園などに誘い出します。

そして、相手の腰に手を回します。

この「相手の腰に手を回す」という行為はとても大切です。

この行為をすることで、女の子も「これからキスをされる」と直感で判断し、心の準備を整えることができるのです。

お互い向き合っている状態で、相手の腰に手を回すのがベストですね。

ここまでいったら、ゆっくりとキスをしていきます。

ディープ過ぎるキスは女に引かれる

相手の唇に口付けしたら、あくでも軽く舌を絡ませるように始めていきましょう。

たまっている男性にありがちなのですが、あまりにも興奮し過ぎて、むしゃぶりつくように舌を絡ませてはいけません。

女の子にも「コイツそうとうたまってるな!」と、一瞬で気づかれてしまいます。

まぁ、女からすれば、たまってる男は要望を一気に満たすような荒々しいセックス(ホテルに着くなりいきなりクンニなど)のイメージしかないので、ちょっと引いてしまうわけですね。

ですので、パンツの中が我慢汁が溢れていてもここは我慢です。

キスがよければ、女だってその気になります。

5分~10分ほどキスを楽しんで、「ホテルに行こうか」と誘えば、まぁ、大概の女は行ってくれますよ。

セックスをという目的を果たすためも、上手はキステクニックを身につけましょう!

どんな美女でも簡単に落とせる『Woman master Project』とは?

タグ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ