上手なキスへの誘い方とは?

どんなに女性を口説いてもエッチができなければ、意味がありません。

まぁ、女性と仲良くなれた的なことで満足できるのであれば、それはそれで良いでしょう。

しかし、このブログを愛読してくれている男性の方であれば、絶対にそれだけでは満足しない方達が揃っているはずです。

まぁ、しかし慌てないで下さい。

エッチをするのであれば、まずはキスを成功させなくてはいけません。

今回は、さりげなく、そして上手にキスへ誘う方法をお教えしていきたいと思います。是非、参考にしてみて下さい。

キスしたくなる唇

待っているだけではダメ

まず、キスへの誘いの前提なのです。女性からのキスを待っている方は一生キスすることはできません。

口説いている最中やその過程で女性が我慢できずキスをしてくる…。ちょっとドラマやアダルトビデオの見過ぎでしょう。

基本的に女性には恥じらいがありますし、傷つきたくないのです。

まさか自分から“キスして”とは言ってきませんよ。

話が変わりますが、レディコミや過激な女性向けマンガが人気になっているのにはこの心理が絡んでいます。

そもそも、キスしたい願望はあります。しかし、自分では行動にうつせない。

それを、マンガでは大胆にしてくれるのです。つまり、この心理を利用するのです。口説き落ちそうな時には女性は“キスがしたくてうずうずしている”ということです。

そのため、後はこちらからの行動を待ち構える準備をするだけです。キスへ誘う時は、その瞬間を狙うと効果的なのです。

二人きりでちょっと強引に

まず、キスをするためには二人きりになる必要があります。お店や人が大勢の場所、明るい場所はムードが出ないのでオススメできません。

公園であったり、人通りが無い路地などはいいかもしれませんね。そして、いい感じになっていたとしてもいきなりはNGです。

ある程度ボディタッチをしていたり、さりげなく髪の毛に触っていたり…。相手にキスを意識させることが重要でしょう。

ある程度準備が整ったら、耳元で囁くのも面白いかもしれません。“ちょっとちょっと…”何ていって耳元をよせて、“何でもない”なんて冗談を飛ばしてみて下さい。

これで、相手がすんなりよってくるようであれば、ほぼOKサインです。後はちょっぴり強引にキスして下さい。

意識している状態で顔を近づければ、もう相手は逃げれません。

というか、女性にとっても逃げれなかったという既成事実を作れるので、上手にキスをすることができるのです。さぁ、ここからの話しはまた次の機会にします。

期待して待っていて下さいね!

どんな美女でも簡単に落とせる『Woman master Project』とは?

タグ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ