初デートでやっていなけない3つのこと

気になる女性の連絡先をやっとのことで聞き出し、迎えた初デート。

心が躍るのは男性だけではありません。初デートは女性にとっても一大イベントです。

ただ、初デートという一大イベントを成功させられるかどうかは、男性の力量次第です。

実は、そんな一大イベントを台無しにしてしまう、3つのことがあります。

今日はその点について、お話をしましょう。

雰囲気の悪い初デート

その1:歩くスピードを女性に合わせない

最近では、ぺちゃんこな靴を履く女性もちょこちょこと見かけるようになりましが、まだまだヒールの高い靴が、女性にとってはデート時の必須アイテムです。

ヒールの高い靴は、女性の脚をより美しく見せ、我々男性の下心をより掻き立ててくれます。

ただ、女性からすれば、歩きにくいというデメリットがあります。

この点を理解せずに、我々男性のペースで歩いてしまうのはご法度です。

特に恋愛経験が浅い男性の場合、そこまで考えが及ばないかもしれませんが、女性はこれを「女の気持ちを理解していない」と捉えてしまいます。

出だしからイエローカードをもらわないためにも、歩くスピードはヒールの高い靴を履いている女性に合わせなければいけない、という点はよく理解をおきましょう。

その2:箸の持ち方がおかしい

これはかなり気にする女性が多いですね。

女性を口説くため、「このプロジェクトが上手くいけば昇進できる可能性が高いんだよね」なんて、かっこいい台詞を口にしても、自身に満ちた表情とは裏腹に箸の持ち方がおかしければ、魅力は半減してしまいます。

実は、以前の記事でも書きましたが、僕も箸の持ち方が原因で、狙った女を落とせなかったことがあります。

「今更そんなの直らねえよ。。。」という気持ちもわかりますが、はっきり言ってこれは直した方がいいですよ。

1週間も練習をすれば、正し箸の持ち方は身につきます。

その3:割り勘

この不景気の世の中。財布の紐が固いのは、女性だけではありません。それは、我々男性も同じです。

デートで女性にお金を出してもらうのは、当たり前と言えば当たり前の時代だと言えますが、初デートに限っては、割り勘はダメです。

女性からデートに誘われたならともなく、自分から誘っておいて割り勘にしたら、「おまえから誘ったくせに割り勘かよ」としか思われません。

また、お金を全部出す出さないは、女性からすれば、自分に対する本気度の計る基準でもあるわけです。

デートとは、あくまでも「相手に自分の良さを理解してもらうための機会」です。

自分からお願いをしてその機会をもらっているわけですから、デート代くらいは男が持つのが最低限のマナーというものです。

ただ、恋愛関係が成立してからは話は別です。

お互いに同意の上で、そのような関係になってるわけですから、そこには「どっち上でどっちが下」なんて立場関係はありません。

恋愛関係にある男女が、割り勘でデートをする。これは、今の時代に合った付き合い方と言えます。

 

とまぁ、今回は初デートでやってはいけない3つのことをご紹介しましたが、この3つの条件を満たしているようなデートをしてしまえば、ほぼ間違いなくレッドカードが出るでしょう。

恋愛市場から撤退を余儀なくされることのないように、今日ご紹介した3つのポイントについては、しっかりと抑えておきましょう。

どんな美女でも簡単に落とせる『Woman master Project』とは?

タグ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ